Photon Body Scan

Design on Science & Technology - Photonics

血液は液体成分である血漿と細胞成分である血球からなる。血球は大きく分けて赤血球と白血球と血小板の三つに分類でき、それぞれ、体内の細胞に酸素を運搬する機能、体内に侵入した異物を排除する機能、体内の血管の損傷を塞ぐ機能を持っている。これに加え循環することにより熱や各臓器で排出される老廃物などを運搬する機能も有する。これらのことから血液はホメオスタシスを調節する一つの臓器として捉えることができる。
血液を臓器として検査する場合、局所ではなく、全身の血液の流れをリアルタイムに可視化し、血液の形態と動態と機能を明らかにする。従来は、血液検査のたびに採血を行っているが、光による全身撮影を可能となれば、より低侵襲の新たな血液検査が可能となる。さらに,血液と血液を造る骨髄と血液循環する他の臓器とを融合画像として合わせて診断することで、新たな診断方法になりうるのではないかと考える。

© 2019 Kazuo KAWASAKI. All Rights Reserved.